2010年09月03日

チューニングの方向性☆part1

今回御紹介のお客様は、大分県よりお越しのAUDI TTS(8J)にお乗りのO野様です

コンピューターチューニングに興味をお持ちで、どれだけ変わるのと期待半分・不安半分で御来店

どんな車でも、ノーマルの状態で完璧な仕上がりで売ってるのって少ないと思います。それは、高性能版TTSであっても同じこと
そんな中で何に期待するかと云えば、どれだけポテンシャルを引き出せるかと云う、チューニングメニューの多様性。
AUDI/VWのターボ車輌は、コンピューターチューニングで‘安心して’驚くほどのさらなるパワーを引き出せます

今回は、APR DPPをインストール
DSCN5925-1


コンピューターチューニングをした2.0Tエンジンには‘大定番メニュー’ForgeリサーキュレーションバルブAUDIVW>とイリジウムプラグです
DSCN6078



車が速くなったら当然止まる事を考えてないと危険ですので、一緒にブレーキパットもIS2000へ換装です。


この時点で、O野様のこれ以降の快進撃は予想出来ませんでした
TTS編チューニングPart2へ続く〜



fujiauto555 at 23:19│Comments(0) APR | TTS

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: