2014年06月09日

ベタな内装!

今回ご紹介する作業は、フェラーリではド定番のベタベタ内装
のリフレッシュ
弊社は、塗装も全て内製化したファクトリー併設のSHOPです

何のことかと申しますと、日本は高温多湿な気候の為に割と早い段階で、内装のスイッチ類やエアコン吹き出し口といったあらゆるトコロがゴムが溶けた状態みたいになり、触ると手が真っ黒に
あんな高級車がって思いますが、残念な位にベタベタです
メーター&ステアリング回り
P8280961

エアコン吹き出し口
P8280962

スイッチ類も表示部分はマスキングして下処理済
P8280958

下処理もかなり細かい作業に成る為に、工賃も含めて高額にはなりますが、そこはスーパースポーツのフェラーリですので、得られる満足度はプライスレス

塗装完了
P8290965

P8290966

新品部品に交換という方法もありますが、数年経てば
ベタベタサイクルは変わりませんので、塗装処理にて対応すれば
その心配も解消です

塗装面積でいうと、微々たるモノではありますが、しっかりとした技術があってこそ出来る作業です。
生産性が悪いので、あまり積極的に受けたくない作業ではありますが

fujiauto555 at 03:18│Comments(0) Ferrari 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: