2020年01月28日

アウディQ3にもNUR SPEC♪

今回ご紹介のお客様は、山口県よりお越しのアウディ Q3
にお乗りのT様
現車合わせコンピューターチューニング NUR SPECをご依頼
IMG-2555
Q3自体にコンピューターチューニングをするのは初めてですが、世代的にゴルフ6世代と同じマップかなと思いましたが、マッピングも全く違いました。

コンピューターチューニングをする2.0Tエンジンには‘大定番メニュー’Forgeリサーキュレーションバルブイリジウムプラグです
DSCN6078

今回は通常Menuに加えて、オプション追加のプログラムでのインストールでした。車重も1600キロオーバーなんで、チューニング後もやや動きが鈍いかなと思いましたが、もうゴルフGTIも真っ青な動きします
最近新規の方のご相談で、クルマを軽くしたいって方いらっしゃいましたが、昨今のクルマ(普通の用途)で車重を軽くって(軽量鍛造ホイール&電動シート換装etc.)基本的に無理です。
今回の様に極端にパワーアップすれば、100キロは軽くなった様に感じますさらに100キロ重い、RS Q3要らないかも

T様のQ3は、他所で脚回り(KW ver1)&ホイール・マフラー等の変更されてましたが、脚はKW ver3だとセッティング変更してより剛性感も出せて、さらに良く仕上がったと思います。
我々がオススメする脚は、だからこそ減衰調整が出来るモノって言うのはこの為です。
サーキット走らないんでって良く言われますが、そんな理由でオススメしてるのでは無いんです

何時も言ってますが、エンジンを制御してるのはコンピューター
物理的パーツにいくら投資しても、コンピューターDataが決まらないと、費用対効果はかなり低いんです

決まってしまえば、理想のクルマに近づきます

fujiauto555 at 23:35│Comments(0) コンピューター現車セッティング | Q3

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: