2020年05月18日

S3にもNUR SPECシート♪

今回ご紹介のお客様は佐賀県よりお越しの、
アウディ S3(8V) にお乗りのY様
IMG-3008

随分前にお問い合わせ頂いてたのですが、小ロットで再作成可能になりました
弊社オリジナルのカーボンバケットシートをご指名
表皮レザーから全て材質を刷新して、クッション材まで全てオリジナルなので最近、人気再燃っっ
IMG-2912

この表皮材料はかなり希少で、納期がかなり掛かりますっっ
DSC02214

そもそもbride社長がご来店で、勢いだけで作ったシート
シートバックはカーボン地そのままのカーボンシェル
ステッチ類は、高級感を損なわない様に黒に統一。
使用する材料も、某社と被らない素材をチョイスする拘り様
DSC01691
勿論、通常のBRIDE社製品とは違い、クッション材も拘り変更して貰っています  ココ重要

性能を発揮するには、シートポジションは重要ですし、何よりホールド性が悪ければハンドルにシガミツクしかないです

そんな中、腰痛持ちでも乗れるバケットシートの性能&軽量化シート(カーボンシェル)で、より多機能のリクライニング機能もあるバケットシート+アルファの最大の機能は、ローポジション

レカロ社のリクライニングシートに貼る、高額なドライカーボンカバー等を見ますが、貼ると重量増えますからっっ
ブラシーボ過ぎる

そんな車のチューニング&モディファイで、乗り換えても利用(移植)出来るパーツはシートだけですっ



fujiauto555 at 23:12│Comments(0) シート | S3

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: