アーキュレーマフラー

2015年01月16日

無いものは作る♪

今回ご紹介のお客様はBMW 525(E60)にお乗りのI様です
DSC_0324

以前、弊社オリジナルの現車合わせのコンピューターチューニングをご依頼頂いてましたので、今回は給排気系のチューニングのご依頼です

通常、ノーマル車輌の給排気系を交換しても、ほぼ体感出来ませんが、ちゃんとしたチューニングを施してれば驚くほど効果があるんですっ

今回パーツのチョイスにあたっては、マイナー車種の宿命で
選択肢がない
マフラーは2〜3種類あったんですが、ダイレクトタイプのエアクリーナーは高額なラムエアーのみ
我々の考え方は、費用は抑えるとこは抑えて浮かす
一点豪華主義よりも、バランス良くチューニングする為の費用に使って戴きたいです

そこで、久し振りにエアクリーナーBOXを作成しました
社外のキノコを着けるのは簡単なんですが、一番苦労するのはエアフロセンサーのアタッチメント!
コレを移植出来なければエンジンが掛かりません
IMG_0340
パイピングを作ったあとは、純正センサーのサイズでアルミを削りだして、アタッチメントを作成します。

ステイ等も拘って、見栄え良く
IMG_0341


安価では出来ませんが、ラムエアーよりは安く作成しますっ
IMG_0339


マフラーは純正片側出しをアーキュレーの4本出しチタンテールマフラー&カーボンディフューザーに換装です
IMG_0343


お次は、足回りをいかがでしょうか<I様

今ならビルシュタイン製品がキャンペーン価格

fujiauto555 at 23:46|PermalinkComments(0)
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: