ロータスエキシージ

2020年02月04日

ロータス エキシージにもNUR SPEC♪

今回ご紹介のお客様は、イツモ走行会にご参加頂いてるLotus mk3. エキシージSにお乗りのA様
以前から弊社オリジナルのコンピューターチューニングについて、お尋ね頂いてました!!
弊社では基本、チューニングは輸入車エンジンonlyなのと、A様のサーキットメインでの使用だとリスクが高いのもあり、躊躇してました。そもそも純正が、排気量の割に加速の伸びが悪い&高回転でトルクの垂れが大きいので、ロータスが出すレベルなんで目一杯なのかと思った次第

そこで、お時間を要する旨をお伝えし、ご理解頂いた上で(年末にお預りで)現車合わせコンピューターチューニング NUR SPECをご依頼っっ
IMG-2575

元々ロータスは、車重が軽いので上記の様なノーマル性能でもかなりの加速感はありますww
ただ我々が見るのは、その性能がどこまで持続可能かどうか高性能を謳ってるメーカーなら尚さら、チューニングでトルクが残るべき部分が垂れてクルのは無いかなと

今回は通常Menuに加えて、オプション追加のプログラムでのインストールでした。エキシージではノーマルグレードですが、脚のセッティング等はそのままでしたのでチューニング後もやや動きが鈍いかなと思いましたが、もうCUP380も真っ青な動きします


何時も言ってますが、エンジンを制御してるのはコンピューター
物理的パーツにいくら投資しても、チューニングDataが決まらないと、費用対効果はかなり低いんです

決まってしまえば、劇的に理想のクルマに近づきます

今回思ったんですが、このトヨタ製 3.5Lエンジンって、大人気なアルファード/ヴェルファイア等、結構な車種に使われてますよねそっち系で、チューニング展開するのも面白いかも

fujiauto555 at 22:21|PermalinkComments(0)
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: