強化

2019年06月13日

NEW ARRIVAL ♪

今回ご紹介の商品は、<ガラスプロテクションコーティング
通常のガラス:青ラインのガラスが施工後の比較動画

私もこの動画を見るまでは、半信半疑(信じてない方w)でしたが、見た後驚きましたっっ
施工:約5万円程<サイズによる>
浸透性ガラス溶剤をNanoレベルで浸透結合させガラス表面に強靭な被膜(硬度10H以上)により、フロントガラスへの外的衝撃を抑制させるコーティング。※1
・高い結合性によりプロテクト効果は⻑期持続(※2)1年間ごとのメンテナンス施工推奨)
・無機質ガ 溶剤な グ施 後ガ 面はクリ なまま 3無機質ガラス溶剤なので、コーティング施工後ガラス面はクリアなまま。
・水により結合させるため、乾燥待ちなどの手間が掛からず短時間施工。※3
・作業はガラス表面汚れ落とし(油膜など)→コーティング施工→※4)表面撥水コートの3工程のみ

昨今の飛び石によるフロントガラス破損には、保険対応でも料率があがるので、高額車輌には予防措置として良いのでは無いのでしょうか?

※1)外的なフロントガラス破損を完全に防ぐことは出来ません。
※2)外的衝撃を受けた部分の補修として、通常コーティングは3層行いますが、メンテナンスとして、1層のみを施工し補修メンテナンスを推奨致します。
※3)施工後直ぐは約70%の硬化率になります、完全硬化までに約2週間掛かります。
※4)nanoレベル超微粒子によりガラス表面をより平面にします。ワイパーの摩擦係数が上がるため、ガラス表面の撥水状態持続が必要となります。(撥水ワイパー推奨)

fujiauto555 at 16:23|PermalinkComments(0)
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: