R8

2018年01月25日

R8が車高調整可能にっ♪

今回ご紹介のお客様は、アウディR8V10+にお乗りのO様
IMG_3598

オートポリスでTIME UPしてきたんですが、如何せんノーマル仕様では、伸び悩み中
IMG-0054

我々がよく言うトコロの、3000万のクルマでも所詮はノーマル

性能を超えていく(捻じ伏せていく)には、特にサーキットを走るにはtuningは必須

今回は、取り急ぎナカナカ対応パーツが無いなか、車高を適正するパーツを投入
IMG-0065

その名も、KW コイルオーバーKIT(HEIGHT ADJUSTABLE SPRING KIT)
サイト上で、名前(言い方)が変わってるのはなんででしょう

この製品のコンセプト:最新のVW/AUDIのような電子式ダンパーを装備した車輌では車高調製式サスペンションを装着すると純正の電子式ダンパー機能が使えなくなる場合がほとんどですが、このKIT純正のを使用すればダンパー機能を活かしたまま車高調整が可能。
IMG-0076
フルラッピングで模様替えっっ
通常でしたらこういった、中途半端な投資は否定しますが
どうせ交換するなら先々のTuningを踏まえて、ちゃんとした足回りの交換をお勧めします
とはいえ、製品もないので取り敢えず交換っっ

IMG-0071
アライメント調整も全て、自社にて行います(3Dアライメントテスター完備


fujiauto555 at 20:13|PermalinkComments(0)

2016年11月07日

R8マフラー交換♪

今回ご紹介のお客様は、新型アウディ R8V10+にお乗りのO様
前モデルのV10R8後期型からのお乗換え
IMG_3598
まるで、広報車

早速、マフラー交換のご依頼
R8のマフラー交換って、マフラーまで到達するのにかなりの作業量
しかも、新型は初めてするので作業効率も悪いんです。
なのにー、納期が決まってる

今回チョイスしたのはCaprist Exhaust Systems
for Audi R8 V10plus

01
もう普通のクルマの領域じゃない

3
純正は1人じゃ持てませんが、今回のはかなりの軽量化

他の作業とも平行なんで、途中何度も諦めかけましたが、何とか生まれましたっ

因みに、コレでも車検対応品



fujiauto555 at 19:24|PermalinkComments(0)

2016年08月30日

New R8見参♪

本日R8乗りのO様がお乗り換えで、納車直後にご来店頂きました

AUDI R8 V10プラス
IMG_3351
現行TTの様な寂しいFMC具合なレベルと思いきや、
実車は全く違う〜〜

前モデルは価格の割に、特別感が希薄でしたが、流石に最新型は只者じゃない感アリアリ

これ、タブン来月のHSRに来られます
慣らしはってお聞きしたら「いや、別にっっ」だそうです


fujiauto555 at 03:45|PermalinkComments(0)

2015年06月19日

V10サウンド♪

今回ご紹介のお客様は、アウディR8後期型 V10 5.2Lに
お乗りのO様
IMG_1044


納車直後にイロイロと予習させて戴いてましたっ
R8


今回のご用命は、ドイツのHMS-Tuning製マフラーの御取付
やっと後期型のマフラー到着
IMG_1211-001

純正の排気バルブを流用出来る製品です

このボリュームのマフラー交換するだけなのに、こんなにバラバラ
IMG_1212

スペシャルなクルマは部品点数もスペシャル

装着後のエンジン点火は、ちょっとコレ大丈夫的な
早朝&深夜の始動時は、手押し車確定


マフラーは、前期・後期で結構取り回し変わってたりするので、オーダーの際はご注意を



fujiauto555 at 18:30|PermalinkComments(0)

2009年04月01日

ICM.rd1終了☆

先日の29日(日曜日)に輸入車オンリーインポートカーミーティング(ICM)走行会Rd.1が開催されました。
体調不良の為、超遅UPでスミマセン

当店からの最終的な参加台数は、AUDI&VWに加えてエリーゼ2台&ポルシェ(993)で計13台と大所帯でした
中には遠く鹿児島・長崎から遠征して、早朝からお集まり戴きました
皆さんの日頃の行いが良かったせいか、悪天候の予想を吹き飛ばし完全ドライです!


acc7a07b.JPG
私はと云うと、S3の準備が間に合わなかったので、代車のR8で緊急参戦☆




ff7e876a.JPG





殆どの方が、TIME計測のみのスポーツランへの御参加でしたが、通常在り得ない様な角度のカーブなどの連続したサーキットを、通常よりアクセル増量で駆け抜けます。
今回は初参加の方も3名程いらっしゃいましたが、車&自身の限界を知る上で、これ以上の良いシチュエーションは無いですね♪

何度も書いてますが、決して参加者全員がハードに走ってるのでなく、基本的にノーマルに近い状態で走ってる方も多いんです
参加回数を重ねていけば、当然交換したいパーツも出てくる訳で、そこで初めて必要に感じて交換するレベルで良いと思いますっ

目的はそれぞれのスキルの向上もありますが、「1番は楽しんで(安全に)走る」こと。

65efb0e5.JPG今回の走行会参加車(見学も含む)





同じ車に乗ってる仲間同士で走るって、想像以上に楽しいですYO
イキナリ走るのが怖くても、実物を見る事から初めてみてはいかがでしょうか?(。・ω・)ノ゙

次回開催は、5月のGW期間中の5日(子供の日)です
既に遠征で関西&東海地方からの方々の参加表明も戴いてますので、今回不参加の方々も加えると20台近く逝くかも??








fujiauto555 at 01:01|PermalinkComments(0)
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック