a7

2020年04月23日

アウディ A7 初めの1歩♪part1

今回ご紹介のお客様は、ご新規AUDI A7にお乗りのF様
IMG-2925
ご依頼は元々ダウンサスを装着されており、乗り心地の改善
&more than
...etc

最近のアウディ新型車輌は、お手軽な切り替え式電子制御な足回りが装着されてる為、ダウンサス交換される方が多いんですが、走る性能が特化した車輌は残念な結果に

今回チョイスしたのは、御馴染みKW ver.3:車高&減衰力(伸び+縮み側)を個別に調整出来るセッティングが可能
IMG-5151
足回りについては、コンピューターチューニング後に劇的に速くなることを鑑みると、高価ですが先での性能アップに対応可能です
結局は、ランニングコストを見極めるのが最重要だと思います。

足廻りの慣らし終了後にアライメント調整も全て、自社にて行います3Dアライメントテスター完備
IMG-2625
この車高で純正鉄下駄ホイールでも、車高&減衰(伸び縮み)調整式の足回りなら、速度を上げた時のドタバタ感は消せるんですっっ

勿論、ちゃんとセッティング出来たらの話ですがvアタリマエ

後は、メンテナンスに加えファッション性も考慮して、全て自社ファクトリーにて一気に仕上げます

まずはサウンド重視なマフラーのチョイスで、AWE マフラー4本出しwith後期S7 リアディフューザー
IMG-2924
なんて無い見た目の割にパーツ代、高杉君

ブレーキメンテナンス(低ダストパット&スリットローター交換)に加えて、キャリパー耐熱ペイント
IMG-2603

次回、弊社が一番得意とするアレっっ

最近こんなコロナ過多な日々ですが、逆にコンピューターチューニングについて考えらせられる事もあり、表現控えめにww書きナグリたいと思います。

如何に馬力だけを高々と謳い、クルマが速〇〇いってオカシイヤロ



fujiauto555 at 22:58|PermalinkComments(0)
NUR WERKE ホームページ
NUR WERKE
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: